期待され、期待に応え、期待を超える CKサンエツグループ

企業情

株式会社CKサンエツ 会社概要・沿革

会社概

商号 株式会社CKサンエツ
創業 大正9年6月(1920年)
資本金 2,756,712,000円(東京証券取引所市場第一部 上場)
従業員数 約1,000人(グループ全体)
所在地 〒933-0983 富山県高岡市守護町2-12-1
TEL 0766-28-0025
FAX 0766-28-0026

沿

株式会社CKサンエツの沿革

平成23年(2011年)10月
会社法の定める新設分割方式の会社分割による持株会社制に移行。
黄銅棒・線事業及び精密部品事業に関して有する権利義務の一部を、新たに設立した「サンエツ金属株式会社」に継承。
平成26年(2014年)1月
三越金属(上海)有限公司に深圳分公司を設立する。
平成27年(2015年)1月
台湾三越股份有限公司を設立。
平成27年(2015年)3月
日本伸銅株式会社に対する公開買付けを実施し、同社を連結子会社とする。
平成27年(2015年)3月
大連三越精密部件工業有限公司への出資持分の全部を譲渡する。
平成29年(2017年)3月
東京証券取引所市場第二部に上場。
平成30年(2018年)3月
東京証券取引所市場第一部銘柄に指定。

グループ会社の沿革

サンエツ金属株式会社

高岡工場
昭和12年(1937年)12月
東京都江戸川区で阪根伸銅株式会社設立。
昭和18年(1943年)12月
関東通信金属株式会社に社名変更。
昭和20年(1945年)6月
戦災により高岡市に移転。
昭和22年(1947年)5月
三越金属工業株式会社に社名変更。
昭和26年(1951年)9月
日本工業規格JIS表示許可工場。
昭和59年(1984年)9月
サンエツ金属株式会社に社名変更。
平成5年(1993年)12月
名古屋証券取引所市場第二部に株式を上場。
平成12年(2000年)4月
住友金属鉱山伸銅株式会社から黄銅線事業の営業譲渡を受ける。
平成16年(2004年)4月
ISO9001認証取得。
平成16年(2004年)12月
錫リフローめっき黄銅線の生産開始。
平成17年(2005年)4月
ISO14001認証取得。
平成25年(2013年)6月
古河電気工業株式会社から錫リフローめっき線の製造設備と、特殊銅合金線製造設備の一部を譲受。
平成25年(2013年)6月
日立ケーブルプレシジヨン株式会社から日立工場でのめっき線事業を譲受。
平成25年(2013年)11月
高岡工場でISO / TS16949を取得。
平成26年(2014年)12月
日立工場を高岡工場に集約(日立工場を閉鎖)。
砺波工場・新日東工場
昭和46年(1971年)6月
北陸金属工業株式会社として、黄銅棒の生産を開始。
昭和48年(1973年)4月
日本工業規格JIS表示許可工場。
昭和59年(1984年)9月
三越金属工業株式会社と合併して、サンエツ金属株式会社となる。
平成7年(1995年)2月
3350トン間接押出機稼働。
平成10年(1998年)12月
ISO9002認証取得。
平成12年(2000年)11月
鉛レス黄銅BZシリーズ発売。
平成15年(2003年)8月
ISO9001認証取得。
平成17年(2005年)4月
ISO14001認証取得。
平成19年(2007年)10月
新日東金属株式会社から全事業を譲受。
平成23年(2011年)12月
焼鈍不要の耐脱亜鉛黄銅棒(Z00)の販売開始。
プレシジョン工場
昭和63年(1988年)12月
株式会社サンエツ精工を設立し、鍛造加工及び切削加工に本格参入。
平成14年(2002年)10月
株式会社サンエツ精工を吸収合併し、プレシジョン工場に改称。
平成16年(2004年)4月
ISO9001認証取得。
平成17年(2005年)4月
ISO14001認証取得。
平成23年(2011年)5月
新プレシジョン工場竣工。
海外
平成6年(1994年)12月
中国の大連に、大連三越精密部件工業有限公司を設立。
平成8年(1996年)5月
大連工場で精密部品の鍛造加工及び切削加工を開始。
平成14年(2002年)2月
大連保税区三越金属産業有限公司を設立。
平成17年(2005年)1月
中国の上海に三越金属(上海)有限公司を設立。
平成17年(2005年)6月
大連三越精密部件工業がISO9001認証取得。
平成22年(2010年)4月
三越金属(上海)有限公司広州分公司を設立。
平成27年(2015年)1月
台湾三越股份有限公司を設立。
平成27年(2015年)3月
大連三越精密部件工業有限公司への出資持分の全部を譲渡。

シーケー金属株式会社

本社工場
大正9年(1920年)6月
中越可鍛製作所として、高岡市京町で鉄管継手を生産。
昭和11年(1936年)9月
中越可鍛株式会社設立。
昭和26年(1951年)11月
日本工業規格JIS表示許可工場。
昭和30年(1955年)11月
業界初の工業技術院長表彰受賞。
昭和47年(1972年)10月
業容拡大のため、高岡市二上地区へ移転完了。
昭和49年(1974年)6月
シーケー金属株式会社に社名変更。
昭和50年(1975年)9月
日本水道協会検査工場。
昭和62年(1987年)9月
プラスチック配管システムの販売開始。
平成9年(1997年)3月
CKフレアマシンを販売開始。
平成13年(2001年)6月
ISO14001認証取得。
平成13年(2001年)7月
CKマークを商標登録。
平成14年(2002年)10月
ISO9001認証取得。
平成15年(2003年)4月
SUSプレス継手の販売開始。
平成16年(2004年)10月
世界初のe白継手を量産開始。
平成19年(2007年)10月
透明被覆継手がグッドデザイン賞を受賞。
平成20年(2008年)7月
アルミ3層管用マルチ1継手の販売開始。
平成21年(2009年)10月
CKフレア継手の販売開始。
平成22年(2010年)11月
CKパーフェクトロックが文部科学大臣奨励賞を受賞。
平成23年(2011年)12月
株式会社リケンCKJV設立。
平成24年(2012年)3月
JS日本総合住生活とプレシールコア継手を共同開発。
平成24年(2012年)5月
株式会社リケンと生産統合し生産量が倍増。
平成25年(2013年)4月
フレア用Wフランジが国土交通省の「NETIS」(新技術情報提供システム)に登録。
平成25年(2013年)10月
JX金属黒部ガルバ株式会社から生産設備等を譲受。
平成25年(2013年)12月
業界初 めっき鉄筋で日本建築センターの評定取得。
平成26年(2014年)3月
マルチ1クリアの販売開始。
平成27年(2015年)4月
CKプレシールSUS継手の販売開始。
平成28年(2016年)4月
業界初の白さび防止処理「eメート」を量産開始。
平成28年(2016年)6月
Wフランジが第14回 環境・設備デザイン賞 第Ⅰ部門で優秀賞を受賞。
平成29年(2017年)9月
CKパイプシェーバーの販売開始
めっき北工場・めっき南工場
昭和36年(1961年)11月
北陸亜鉛株式会社を高岡市横田に設立。
昭和45年(1970年)4月
高岡市長慶寺に移転。
平成3年(1991年)12月
日本工業規格JIS表示許可工場。
平成5年(1993年)7月
シーケー金属株式会社と合併。
平成9年(1997年)1月
長尺物対応のめっき北工場を新設。
平成11年(1999年)5月
業界初のISO9002認証取得。
平成13年(2001年)5月
日本最大級の釜幅2.1mに設備を拡張。
平成14年(2002年)7月
ISO9001認証取得。
平成16年(2004年)10月
世界初のeめっきを量産開始。
平成17年(2005年)6月
ISO14001認証取得。
平成18年(2006年)10月
国土交通省のNETIS(新技術情報提供システム)に登録。
平成18年(2006年)12月
長慶寺工場を本社所在地へ移転統合。(現めっき南工場)
平成19年(2007年)8月
ものづくり日本大賞優秀賞を受賞。
平成20年(2008年)6月
元気なモノ作り中小企業300社を受賞。
平成20年(2008年)11月
中部地方発明表彰特許庁長官賞を受賞。
平成21年(2009年)3月
発明大賞東京都知事賞を受賞。
平成22年(2010年)4月
文部科学大臣科学技術賞を受賞。
平成25年(2013年)10月
JX金属黒部ガルバ株式会社から生産設備等を譲受。