写真:安中 崇
事務

竹島 優衣

サンエツ金属/砺波工場 製販管理室 販売管理係(受注センター)

2015年入社/経済学部 経営学科

職種を問わずに、初任給がすべて同じだったところに惹かれました。

印象に残っている成功体験は?

初めは仕事の要領が悪く、お客様からお叱りを受けることもありました。自分のことで精一杯だったのが、経験を積むと、こうしたらお客様が喜ばれるのではないか、と相手のことを考えて行動できるようになりました。その結果、お客様から「さすが竹島さんだね。」とお褒め頂いたときはとても嬉しかったです。

どんな仕事をしていますか?

受注センターで営業の補佐をする仕事をしています。注文書の入力をしたり、製品の出荷手配をしたり、お客様からのお問い合わせに応えたりします。事務職ですが、自分の担当のお客様がいますので、ほぼ毎日連絡をとっています。お客様はもちろん、営業や工場の方ともコミュニケーションをとる機会が多く、人と関わることのできる仕事です。

サンエツ金属はどんな会社?

社員旅行が充実しています。行き先は海外と国内が隔年で、費用は全額会社が負担してくれます。現地では自由行動ですので、誰とどこを回ってもOKです。一般的な社員旅行とは異なり、団体行動ではないので、各々楽しむことができます。グループ全体が参加するパーティーは、普段関わることのできない人とも仲良くなれるチャンスです。

サンエツ金属に入社を決めた理由は?

北陸の会社で、できれば事務職に就きたいと思っていました。しかし、大卒で事務職を採用している会社は少なく、あったとしても給料が低かったため事務職は諦めていました。そんなときサンエツ金属に出会い、営業職・技術職・事務職すべて初任給が同じところに惹かれ、入社を決めました。

写真:竹島 優衣
写真:竹島 優衣

会社訪問は、何社ぐらい、どんな会社を回りましたか?

事務職を中心に北陸の商社、不動産会社、メーカーを10社ほど訪問しました。会社訪問に参加し、実際に社員の方と接することで、自分がそこで働く姿を想像しやすくなると思います。

写真:竹島 優衣

もう一度学生に戻れるとしたら、何をしたいですか?

社会人になってからも付き合える友達をつくることです。私にとって、仕事の相談をしたり、一緒に息抜きをしたりできる友達の存在は大切です。そのような友達に出会うために、この人は苦手、と決めつけずにいろんな人と関わってみるべきだと思いました。

  • マイナビ
  • リクナビ
  • IBAC