写真:山岸 龍太朗
営業

山岸 龍太朗

シーケー金属/配管機器営業本部 東京支店

2016年入社/国際英語学部 国際英語学科

上司・同僚の距離が近く、丁寧にサポートしてもらえる環境です。

印象に残っている成功体験は?

入社1年目の夏、最終ユーザーである工事業者への営業を行っていた際に、今まで他社製品を購入されていたお客様だったのですが、自分が営業活動を行ったことによってCKの製品を購入してくれました。分からないことが多いながらも上司に丁寧にサポートして頂きながら、何かあった時は責任を取ってやるから思い切ってやってこい!と声をかけてもらえたことがとても心強かったです。

どんな仕事をしていますか?

私の主な仕事内容は、継手を扱っている代理店へ訪問、継手を実際に使用されている最終ユーザーへのPR活動や講習会等の実施、実際に建築現場を視察するなどお客様にCK製品を多く知っていただく、多く買ってもらえるように日々仕事をしています。継手は目には見えにくいですが建物の建築には欠かせないものであり、街中でも多く見かけることができます。自社の製品を見ると嬉しい気持ちになります。

どんな上司がいますか?

どの上司も、悩み事や分からないことがあればすぐに聞けるほど距離が近く、解決しようと一緒に考えてくれる頼りがいのある先輩ばかりです。また、色々な上司と一緒に外回りをすることもあり、その時は物事の考え方や仕事の進め方を間近で聞くことができ、経験のある人の良いところを学ぶこともできるため、自分にとってとても参考になります。

社内にライバルはいますか?

営業マンはもちろん、営業マンではなくても同世代の方達が成果を上げたり、頑張っている話を聞いたりするといい刺激をもらいます。当社は社員旅行が毎年開催されており、普段は別々の職場であっても、話を聞くことができる機会が多いので楽しいです。

写真:山岸 龍太朗
写真:山岸 龍太朗

シーケー金属に入社を決めた理由は?

入社前の懇親会の場で先輩社員とお話する機会があったのですが、どの先輩社員も自分の仕事に対してすごく熱意を持ち、楽しそうに自分のことや仕事のことを話されており、そのような人たちと一緒に働けるということにとてもやりがいを感じました。また、高い技術力を活かした世界初や業界初などのシーケー金属にしかない製品を多く持っていることも魅力的でした。

写真:山岸 龍太朗

会社訪問は、何社ぐらい、どんな会社を回りましたか?

私の場合は、最初の頃は業種や職種などを余り絞らずに色々な会社のことを調べたり会社説明会に参加したりしていました。最終的に訪問した会社数は約20社で、メーカーの営業職を中心に就職活動をしていました。

  • マイナビ
  • リクナビ
  • IBAC