写真:安中 崇
技術

岩田 幸二

日本伸銅/堺工場 押出課 押出1係 係長

2007年入社/電気科

これまで取り組んだことのすべてが自分を成長させてくれました。

印象に残っている成功体験は?

自分が学んだ知識を活かして、より良い改善が出来た時などは本当にやりがいを感じます。最近行った改善は、ビレット長により電気炉内の加熱位置を切替えなければならなかったですが、この切替えには作業者が電気炉まで足を運ぶ必要がありました。この間、プレス機の稼働を停止させる必要があった為、オペレーターの操作で切替えができないかと考えました。設備課と相談しながらこの改善を成功させ、生産性向上に繋げる事ができました。

どんな仕事をしていますか?

私は押出課で、主に公称能力3000t間接押出プレス機のオペレーターを務めています。前工程で鋳込みされた、ビレットと呼ばれる中間製品をガス加熱炉、電気炉で加熱し押出機でプレスします。プレスを行うにあたり加熱温度等の条件が多数有り、これらが違うと不適合品となってしまいます。その為、常に責任感を持って、お客様が求める良いものだけを生産できるよう、日々仕事にあたっています。

日本伸銅はどんな会社?

当社には、月に1回以上のメリハリ休暇という名の、年次有給休暇取得奨励日があります。生産が忙しい時には全従業員が協力して働き、生産が落ち着いた時には、全従業員が有休を使用して休むという制度です。まさにその名の通り、働く時は働く、休む時は休むと、仕事にメリハリを効かせる事により、プライベートも充実させる事が出来ています。

どんな上司がいますか?

私が携わった上司は、本当に部下想いの上司ばかりです。例えば、私のちょっとした質問に対して、きちんとした理解が出来るように、詳しい資料や文献などを用意してもらった事もあります。またある時は、私が難題を解くのに苦労していると、一緒になって遅くまで調べていただいたりなど、部下の成長には協力を惜しまない上司が多いです。

写真:岩田 幸二
写真:岩田 幸二

あなたのモットーは?

何事にも前向きにチャレンジしていく事です。難しそうだから、大変そうだからとやる前から諦めるのではなく、まずはトライしていこうと考えるようにしています。もちろん上手くいかなかった事は多々ありますが、取り組んだ事の過程全てが自分自身を成長させてくれました。

写真:岩田 幸二

学生へメッセージをお願いします。

学生の皆様は、将来への希望や期待、不安や悩みなど様々な事を考える時期をお過ごしと思います。ぜひ妥協はせずに「なりたい自分」を見つけられるように頑張って下さい。
若い新しい力は、会社をさらに成長させる事が出来ます。私も皆様方と共に働ける日が来る事を心待ちにしています。

  • マイナビ
  • リクナビ
  • IBAC