電動キックボード

業容拡大により構内が広くなり、食堂利用率を高めるため、
社員の移動手段として電動キックボードを導入しました。
(2022年4月より運用開始)
工場から厚生棟への移動時間が短くなった分、
休憩が長くとれるようになったと社員から喜ばれています。

電動キックボード

希望者には一人一台支給し、富山地区では合計170台保有しています。

走行ルートは、地面に表示された青色の矢印で決められています。
また、「キックボード走行中」の看板を設置し、安全面も十分に考慮して、運用しています。

  • マイナビ
  • CM